saccoのピアノ行進曲
たのしい音楽の時間を!


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

Sakiko Takahashi

Author:Sakiko Takahashi
こんにちは。
いつも応援してくださる皆さまありがとうございます。
ブログは気ままに更新していきます。

髙橋早紀子
愛知県立芸術大学卒業。同大学大学院修了。大学定期・卒業演奏会出演。第15回春日井市ピアノコンクール第1位。
2012年演奏活動を休止し渡洪。2014年までハンガリー国立リスト・フェレンツ音楽大学に留学。2014年3月、ハンガリーのセゲドで行われた第6回べーラ・バルトーク国際ピアノコンペティションにおいて特別賞を受賞。同年6月末に完全帰国し活動を再開。
これまでにピアノを丸田清恵、夏目芳徳、伊藤美江、北住淳、ファルヴァイ・シャーンドル、ファルカシュ・ガーボルの各氏に師事。室内楽をビハリ・ラースロー、チャログ・ガーボル、カーロイ・ボトヴァイの各氏に師事。
長野県長野市出身。短大教員。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



初心忘れず。

こんばんは。

私ごとで、来年度の公演予定を立てられずにいますが、
感謝して初心を忘れず、明日も今日の練習の続きをします。
沢山のひとに聴いてほしい曲が、あ~る~~



蓮根の豚しそ巻き。

IMG_3813_convert_20170306220109.jpg

今晩は餃子。
茹でモヤシ(浜松的)の代わりにワサビ菜をのせてみました。少々サッパリしました。


さよなら二月

こんばんは。

自分自身のことですが、ここ5年ぐらい、二月は穏やかではなく、
ずっと出口を見つけているような感覚になります。
でも、何かや誰かに腹を立てたり落ち込んだり傷ついたと感じたり、
そうゆう感情は何にもならないし、何も生まない。何かや誰のためにもならない。
なんだかんだ言わずにピアノに向かうと、気分は上々。
結局、弾くか食べるか、これが出来れば大丈夫です。

しかしピアノは毎日本当に、微調整。バカなので、とにかくやり続けます。



解凍挽肉、解凍ごはん、新たま、ケッパー、微妙に余っていたトマト缶で。

IMG_3785_convert_20170301215923.jpg

アスパラ菜。近所に産直発見、やっぱり産直っていい。

IMG_3789_convert_20170301215954.jpg

バーニャカウダをもらって。鮪につけるんだって、知らなかった。おいしい!


嬉しかった。

こんにちは。

ちょっと前に嬉しいことがありまして。

髙橋ゼミが表彰されました。

本年度は初めてゼミ担任として卒業研究に携わり、わたしのゼミでは、
集まってきてくれたみんなと、一年間かけて音楽劇を創作しました。
台本からみんなで考えてつくりあげた時間は、わたしもこれからずっと忘れません。
最優秀発表賞の発表の時は誰よりも先にガッツポーズをしてしまいました。
みんなよく頑張ったので目頭が熱くなりました。
人と協力して一つのものをつくるということは簡単ではありません。
みんなの力に励まされたり感動したりの一年間でした。ありがとー。



ガッツ、そして、ガッツリ。


ピアノトリオの公演を終えて

こんにちは。

2月10日のシークレットライヴは事情により、公演中止という結果になりました。
いつも公演前には、公演する音楽(曲目)の素晴らしさをシェアしたいということを考えています。
仕方ないことでした。でも、それが出来なかったことは悔しい限りです。
演奏する予定だった楽譜が半開きになったまま、少し切ないです。
予定してくださっていた皆さま、本当にごめんなさい。ありがとうございました。

この日の朝、ショックとともに少し気がゆるんでしまったのか、

縺九●_convert_20170220113035

やってしまいましたが、寝込んでいる場合じゃなかったので、
静かに気持ちを奮い立たせてピアノに向かいました。

trioop83_convert_20170220113012.jpg

このピアノトリオの公演に向けて、倒れている場合じゃなかったのです。

私は人と音楽をすることがとにかく好きです。
で、その中でもしたかったのが、ヴァイオリン・チェロ・ピアノの、ピアノトリオという編成です。
即席で、一曲だけ、一回の公演だけ一緒に組むピアノトリオではなく、
もっと絶対的な、将来へ続いていくピアノトリオのメンバーに出逢いたかった。
これは、心の中でずっとずっと望んでいたことで、なかなか巡り会うことが難しかったのです。
でも今回、チェロのしんごくんの呼びかけで、ヴァイオリンの一紀さんに出逢えました。
私たちはまだこれからですが、やっと、やりたかったことができます。
今回は、ハイドン「ジプシー」、ベートーヴェン「幽霊」、ブラームスの1番でした。

trioop82_convert_20170220112950.jpg

ご来場くださった皆さまありがとうございました。

私事ですが、今回の豊田・岐阜の二公演は、長野に気持ちを寄せながらの公演になりました。
故郷にいる家族のことはいつも想っています。来月少し帰ります。


暴風な日

こんばんは。
立春を過ぎましたが、きょうは暴風で寒い日でした。
暴風が呼んだのか、これを発見しました。(この日は台風でした。)



懐かしいです。かとうせんせー!ゾリステンの皆さま、ありがとうございました。
留学から帰国して間もない頃でしたが、まずこのシュニトケの作品が素晴らしい!
ということを再び感じました、いい曲だー。
今クルトワイルやラヴェルの練習で頭がとけそうになっていますが、
いける気がしてきた。ブラームスが終わったら、響紋、白ミサだ。

日々色々ありますが、環境が変わっても、
音楽の前ではぶれることなく、精進していきます。

縺輔∴_convert_20170207001707

日曜は大学の同級生サエに誘ってもらって、音楽祭でピアソラを連弾しました。
とっても、嬉しい時間でした。サエ、また一緒に連弾しよう。ありがとう。

さて、早く寝ないと。おやすみなさい。