FC2ブログ
saccoのピアノ行進曲
たのしい音楽の時間を!


カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

Sakiko Takahashi

Author:Sakiko Takahashi
こんにちは。
いつも応援してくださる皆さまありがとうございます。
ブログは気ままに更新していきます。

髙橋早紀子
愛知県立芸術大学卒業。同大学大学院修了。大学定期・卒業演奏会出演。第15回春日井市ピアノコンクール第1位。
2012年演奏活動を休止し渡洪。2014年までハンガリー国立リスト・フェレンツ音楽大学に留学。2014年3月、ハンガリーのセゲドで行われた第6回べーラ・バルトーク国際ピアノコンペティションにおいて特別賞を受賞。同年6月末に完全帰国し活動を再開。
これまでにピアノを丸田清恵、夏目芳徳、伊藤美江、北住淳、ファルヴァイ・シャーンドル、ファルカシュ・ガーボルの各氏に師事。室内楽をビハリ・ラースロー、チャログ・ガーボル、カーロイ・ボトヴァイの各氏に師事。
長野県長野市出身。短大教員。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラテンの次はカプリチオーソ。

こんにちは。

13日、【シュルホフと3人の男】終演しました。
スタジオリリタ様、ご来場くださった皆様、出演者の皆様、ありがとうございました。



シュルホフは強制収容所で亡くなった、今も演奏される機会が少ない作曲家ですが、
親しみのわく作品ばかりです。今後も少しずつ演奏していきたいと思っております。

16日は仕事終わりに猛ダッシュで小林史子先生のリサイタルへ。
全曲ヤナーチェクの作品を全曲チェコ語で史子先生と能勢さんが歌われ、
中村真さんの解説もとても興味深く面白く、わかりやすかったので、
疲労困憊の私でしたが、最後までじっくり拝聴しました。
北住師匠と姫野先生は息ぴったり、私もヤナーチェクの作品の音を出してみたくなりました。

18日は名古屋市美術館地下1階ロビーでラテン音楽を演奏しました。

蜷榊商螻句クらセ手。馴、ィ繝ュ繝薙・_convert_20161119152227

ラテンのリズムが身体に馴染むまでに少し時間が要りましたが、クセになりそうです。
お客さまも楽しそうに身体を揺らしたり拍を足で刻んだりしながら聴いていらっしゃいました。
ヴァイオリンかおりんは相変わらず癒し系ですが、クールに超絶技巧。
初共演の打楽器ノブさん、このドラムセットはただのドラムセットじゃないです、
ノブさんオリジナルの、ノブさんにしか出せない多彩な音がいっぱいでした。
鳥が鳴く声まで、ブラボー。

あれ、この夢のようなコンサートは昨日の話か・・・
きょうは土曜日ですが朝7時には家を出て短大に出勤してきました。
大事なときに地震がありました。
懐中電灯や靴を用意して、地震に備えましょう・・・

野菜が中々値下がりませんが、

IMG_3663_convert_20161119150026.jpg

実家からたくさん野菜を送ってもらったので、贅沢にキャベツを蒸して食べました。
毎日大事に野菜を食べています。大根を煮たり。めちゃめちゃありがたいです。

忙しさのせいで野菜に加えてタンパク質を摂るのも難しい日が続いたので、
赤いお肉をがっつり食べてみたり。

IMG_3666_convert_20161119150229.jpg

何気に先月の16日から一日も休んでいませんが、もう少し続きます。

ボジョレーが解禁した日は一応買ってきてよなよな飲みました。鶏トマトとともに。

IMG_3676_convert_20161119150301.jpg

余ったトマトソースは翌日パスタに。捨てない。もったいない。

IMG_3679_convert_20161119150329.jpg

という具合に食べられているので、まだ元気です。
でもそろそろ、休みたいと思う今日この頃・・・

いや、もうちょい。

ISSAKUSACCO1121_convert_20161119155213.jpg

ご来場ください!月曜日のお昼ですが。

皆様が聴きに来てくださって、楽しんで帰ってくだされば、私は元気です。
毎晩一日の終わりには、私ひとりで何してんだろうと思うこともよくありますが、
ひとが私をピアニストと呼んでくださるから私は弾いていられます。
卒業してからも、留学してからも、自分自身をピアニストと呼ぶのはおこがましいこと。
ピアノ弾いています、 ぐらいなもんです。
ピアニストとは、ひとから呼ばれるものだと思っています。

さて、練習します。珈琲淹れました。おいしい。(自画自賛です。)
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。