FC2ブログ
saccoのピアノ行進曲
たのしい音楽の時間を!


カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

Sakiko Takahashi

Author:Sakiko Takahashi
こんにちは。
いつも応援してくださる皆さまありがとうございます。
ブログは気ままに更新していきます。

髙橋早紀子
愛知県立芸術大学卒業。同大学大学院修了。大学定期・卒業演奏会出演。第15回春日井市ピアノコンクール第1位。
2012年演奏活動を休止し渡洪。2014年までハンガリー国立リスト・フェレンツ音楽大学に留学。2014年3月、ハンガリーのセゲドで行われた第6回べーラ・バルトーク国際ピアノコンペティションにおいて特別賞を受賞。同年6月末に完全帰国し活動を再開。
これまでにピアノを丸田清恵、夏目芳徳、伊藤美江、北住淳、ファルヴァイ・シャーンドル、ファルカシュ・ガーボルの各氏に師事。室内楽をビハリ・ラースロー、チャログ・ガーボル、カーロイ・ボトヴァイの各氏に師事。
長野県長野市出身。短大教員。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


別れの曲

こんばんは。

1月15日、SMBCパーク栄でのリサイタル二回公演が終わりました。
母校の愛知県立芸術大学と、三井住友銀行様には、このような機会をいただきまして、
心より感謝申し上げます。ありがとうございました。



二回とも満席賜り、大変恐縮しております。
ご来場くださった皆さま、ありがとうございました。

SMBC2_convert_20160123235405.jpg

演奏は、一音一音大切に演奏しましたが、
自分のメンタルの弱さに激しく落ち込みました。

でもあれから今日まで、たくさん、励まされました。
"「別れの曲」で涙が出ました、すごかった、本当に楽しませていただいた"などなど、
そのようなありがたい言葉の数々に、今日もピアノに向かえています。

「別れの曲」は、帰国してからよく弾くのですが、大切に思う作品です。
「別れの曲」とは、ショパンが付けたタイトルではありませんので、
私自身どうゆう気持ちで弾こうとしているか珍しくぶっちゃけてみますと、
もしそのとき「別れ」が来なければ伝えたかったことがあったかもしれない、あるいは、
予期せぬ「別れ」が来たために伝えたいと思うこと、まあ、そんなような感覚で弾いています。
「別れの曲」というタイトルに便乗するとそんな感じです。

今日は一日お休みだったのに、晩ごはんがいつも以上に遅くなってしまいました。

IMG_2807_convert_20160123235157.jpg

鍋。鶏のぶつ切りと、エリンギ、ほうれん草、ねぎ、ブロッコリースプラウトなど。

IMG_2804_convert_20160123235141.jpg

生もずくにレモンを搾って。
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。