saccoのピアノ行進曲
たのしい音楽の時間を!


カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

Sakiko Takahashi

Author:Sakiko Takahashi
こんにちは。
いつも応援してくださる皆さまありがとうございます。
ブログは気ままに更新していきます。

髙橋早紀子
愛知県立芸術大学卒業。同大学大学院修了。大学定期・卒業演奏会出演。第15回春日井市ピアノコンクール第1位。
2012年演奏活動を休止し渡洪。2014年までハンガリー国立リスト・フェレンツ音楽大学に留学。2014年3月、ハンガリーのセゲドで行われた第6回べーラ・バルトーク国際ピアノコンペティションにおいて特別賞を受賞。同年6月末に完全帰国し活動を再開。
これまでにピアノを丸田清恵、夏目芳徳、伊藤美江、北住淳、ファルヴァイ・シャーンドル、ファルカシュ・ガーボルの各氏に師事。室内楽をビハリ・ラースロー、チャログ・ガーボル、カーロイ・ボトヴァイの各氏に師事。
長野県長野市出身。短大教員。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ふり返りと年明けの予定

こんにちは。今年も残りあとわずかですね。
世界中で、良いことも良くないこともたくさんあった2015年。
心配は尽きませんが、2016年はどんな年になるのでしょう。

さて、今年の自分自身をふり返ってみます。
仕事面ではたくさんご縁をいただいて、おかげさまで充実していました。
精神面と肉体的には、これ以上ムリーと、己の限界すれすれの一年でした。
来年は体づくりと、もう少し楽な気持ちで毎日を過ごせるようにメンタル・トレーニングを、
を、、、 を? どうするか。研究します。ハイ。
プライベートな部分が一番寒い感じでした。(笑)
朝は6時起きで、夜は毎日の練習を死守するため、遊ぶ時間はゼロでした。
土日も出稼ぎ状態で、自宅は荒れ地です。(今から年末大掃除します。)

今年も想定外のことだらけで新しい自分を見ることができました。
またここをスタートラインに、来年もガンバルゾー!

と、簡単に今年をふり返って、明日から実家に帰ります。
早く帰りたくてたまらないのですが、今日は一日練習と掃除。

新年一発目、どん。



宗次ホール・ランチタイムコンサートにISSAKU&SACCOで出演します。
ISSAKU&SACCOでは小さなカフェやパーティーなどでの活動をしてきたので、
ホールでのコンサートは初めてです。このチラシはISSAKUさん作
パワー全開☆ISSAKU&SACCOのなぜか(?)息ぴったりのデュオをお楽しみに。

この日は終演後、伏見の電気文化会館へ参ります。
入賞者記念演奏会でひとり、伴奏する予定です。

それから、翌週の1月15日。
母校の愛知県立芸術大学のピアノ専攻の先生方から推薦していただきました。
SMBCパーク栄でソロリサイタルをさせていただきます。(ドキドキ
先生方に感謝して、演奏させていただきます。

それから月末は、末吉先生の日本の歌曲を歌う講座でピアノを務める、、、予定です。

で、2月。どん。

縺阪″縺ェ繧峨∋繝√Λ繧キ_convert_20151229092515

また吉川さんにお願いして、素敵なチラシを作っていただきました。
数年考えていた企画でやっと実現しそうな「ききならべ」vol.1.
CD等の聴きくらべは簡単ですが、コンサートでとなると、あるけれど少ない企画です。
まずは興味をもってお客さまに来ていただけると嬉しいです。
ピアニストとしては、同じ作品を違う楽器と合わせることは難しいです。
楽器によって呼吸、間の取り方、響き、音の点、線、あたり方、テンポ、本当に違います。
でも、たくさんの楽器とデュオでのアンサンブルをしてきたので、
そろそろやってみようかと踏み切りました。さて、どうなる。わくわく。
トリオも演奏しますので、是非ご来場ください。

IMG_2745_convert_20151229092624.jpg

ドライカレー。

IMG_2750_convert_20151229092653.jpg

冬至で余ったカボチャ。

IMG_2751_convert_20151229092720.jpg

豚肩と菜の花。

IMG_2757_convert_20151229092749.jpg

トマト煮。

本年も応援に駆けつけてくださったり、このsaccoのピアノ行進曲を読んでくださったり、
いつも気にかけてくださった皆さま、ありがとうございました。
来年もまた良いことも良くないことも受け入れて、精進したいと思います。
来年もよろしくお願いいたします。良いお年をお迎えください。

スポンサーサイト