saccoのピアノ行進曲
たのしい音楽の時間を!


カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



プロフィール

Sakiko Takahashi

Author:Sakiko Takahashi
こんにちは。
いつも応援してくださる皆さまありがとうございます。
ブログは気ままに更新していきます。

髙橋早紀子
愛知県立芸術大学卒業。同大学大学院修了。大学定期・卒業演奏会出演。第15回春日井市ピアノコンクール第1位。
2012年演奏活動を休止し渡洪。2014年までハンガリー国立リスト・フェレンツ音楽大学に留学。2014年3月、ハンガリーのセゲドで行われた第6回べーラ・バルトーク国際ピアノコンペティションにおいて特別賞を受賞。同年6月末に完全帰国し活動を再開。
これまでにピアノを丸田清恵、夏目芳徳、伊藤美江、北住淳、ファルヴァイ・シャーンドル、ファルカシュ・ガーボルの各氏に師事。室内楽をビハリ・ラースロー、チャログ・ガーボル、カーロイ・ボトヴァイの各氏に師事。
長野県長野市出身。短大教員。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



継続は力なり。

昨日。

yuzu.jpg

yuzu2.jpg

朝ゆっくり起きて、朝一番で柚子風呂。
珈琲を入れてまったり指慣らし。15時会場入り、ゲネ。19:45頃本番。

*横家プログラム*

・ヘンデル:輝かしいセラフィムに オラトリオ《サムソン》HWV57より

・ツェムリンスキー:《トスカーナ地方の民謡によるワルツの歌》 作品6

1、愛らしいつばめ
2、不満げに月が昇ってきた
3、小窓よ、お前は夜閉じている
4、私は夜にさまよう
5、水色の星
6、私は手紙を書いた

・R.シュトラウス:《5つの歌》
オットー・ユリウス・ビアバウムとカール・ヘルケルの詩による 作品48 より

1、すてきな幻想
2、私は漂う
3、響け!

・R.シュトラウス:《8つの歌》ヘルマン・ギルムの《最後の葉》による 作品10

1、献呈
2、何も
3、夜
4、ダリア
5、我慢よ
6、もの言わぬ者たち
7、イヌサフラン
8、万霊節

以上。
ヘンデル+ドイツリート17曲。
大学院博士後期課程の公開審査でもあり、プログラムがヘヴィー

ピアニストはだいたい小さい時からピアノを習います。
課題は常にあり、いいものをいいものを、そういう思いで毎日せっせと飽きもせず?
向き合っているわけですが(・・・時に目を逸らしながら)、
声楽の方が習い始めるのは身体が出来てきてから、つまり、早くて中学生ぐらいからですから、
その成長過程は、毎日関わっていながら感じられます。

横家の真面目に取り組む姿勢は素晴らしいです。
横家のあの歌はパッと出来ちゃったものじゃないです。
血の滲むような努力をして得た正しい呼吸、正しいドイツ語。
また、日本にいながら、20代の日本人がこのプログラムをやるのは難しいです。
ドイツ20年の大下先生が指導してくださったから出来ました。

昨日は、今出来ることをやれたので、次に向けてのステップになりました。
ドクトラルの最終リサイタルが楽しみになってきました。
また血の滲むような努力の日々。日々精進。一生勉強。

本当かどうか分かりませんが、横家のドクトラル最終のリサイタルの為、
留学中一時帰国して伴奏する予定になっています。

1222.jpg

↑ トランペットの大山紀伯さんを囲んで。

21:30頃 藤が丘で打ち上げ。

打ち上げ

先生たちも良かったと言ってくれて一安心。

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。
今後とも横家共々よろしくお願い致します。

スポンサーサイト