saccoのピアノ行進曲
たのしい音楽の時間を!


カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

Sakiko Takahashi

Author:Sakiko Takahashi
こんにちは。
いつも応援してくださる皆さまありがとうございます。
ブログは気ままに更新していきます。

髙橋早紀子
愛知県立芸術大学卒業。同大学大学院修了。大学定期・卒業演奏会出演。第15回春日井市ピアノコンクール第1位。
2012年演奏活動を休止し渡洪。2014年までハンガリー国立リスト・フェレンツ音楽大学に留学。2014年3月、ハンガリーのセゲドで行われた第6回べーラ・バルトーク国際ピアノコンペティションにおいて特別賞を受賞。同年6月末に完全帰国し活動を再開。
これまでにピアノを丸田清恵、夏目芳徳、伊藤美江、北住淳、ファルヴァイ・シャーンドル、ファルカシュ・ガーボルの各氏に師事。室内楽をビハリ・ラースロー、チャログ・ガーボル、カーロイ・ボトヴァイの各氏に師事。
長野県長野市出身。短大教員。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



みなさんのおかげです。
24日 23時に長野市某ホテルにチェックイン。

25日 朝6時になんとか起きてタラタラふらふら準備をしていると、
7時過ぎ、佐久の兄から応援メールが届き、気合いが入る。
7時半、チェックアウトして善光寺へ向った。

ぜんこうじ

8時 善光寺を参拝し、びんずる様の特に目と手と耳を入念にスリスリ、スリスリ。
それから 善光寺大門付近の「藤屋」さんでコーヒー。

ふじや

高校時代に通っていた声楽の先生のお宅が近くにあり、レッスン室をお借りして9~11時まで練習。
先生がお茶を出してくれて、少しだけ話をして、11時半に大門ホールへ。

daimonホール
(ピアノと写っているのが、加藤先生)

なんとなくリハ開始。
ピアノと仲良くなるまで弾き続け、加藤先生とアンコールのフォーレなどを合わせ、
あっという間に開場時間になってしまった。14時に開演。


***************************************


〈 ラヴェル・ピアノ・チクルス vol.2 〉 竹風堂大門ホール

‐プログラム‐
(※加藤先生のレクチャーと)

ラヴェル 『ソナチネ』
     『鏡』
     Ⅰ 蛾
     Ⅱ 悲しい鳥たち
     Ⅲ 洋上の小舟
     Ⅳ 道化師の朝の歌
     Ⅴ 鐘の谷

‐アンコール‐
(※加藤先生のヴァイオリンとともに)

フォーレ 『シシリエンヌ』
ラヴェル 『亡き王女のためのパヴァーヌ』


***************************************


久しぶりのソロだったため、実は9月に入ってからずっと緊張していました。
ラヴェルの『鏡』、大曲でした。

でも、加藤先生や、事務所の小出さん、調律師宮澤さん、
8年ぶりの友だちや14年ぶりの友だち、長野の先生方、
おばちゃ~んって呼んでた友だちのお母さん方、長野のお客様、
名古屋や岐阜からのお客様、しほ、松木さん、東京に住んでる兄ちゃん、
朝応援メールをくれた兄ちゃん、お母さん、
・・・皆々様のおかげで、演奏できました。

しゅーごー
(終演後)

一番右が先月28日のコンサートの「サメ」の絵を描いてくれた兄。
一番左が坂原さんで、チケットの販売など、大変ご協力いただきました。その横が母です。

来年の6月17日には、名古屋で加藤先生の指揮のもと、
ピアノコンチェルトを演奏させていただきます。

詳細はチラシなど出来たらまたアップしますので、沢山の皆様のご来場をお待ちしています。

スポンサーサイト