saccoのピアノ行進曲
たのしい音楽の時間を!


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

Sakiko Takahashi

Author:Sakiko Takahashi
こんにちは。
いつも応援してくださる皆さまありがとうございます。
ブログは気ままに更新していきます。

髙橋早紀子
愛知県立芸術大学卒業。同大学大学院修了。大学定期・卒業演奏会出演。第15回春日井市ピアノコンクール第1位。
2012年演奏活動を休止し渡洪。2014年までハンガリー国立リスト・フェレンツ音楽大学に留学。2014年3月、ハンガリーのセゲドで行われた第6回べーラ・バルトーク国際ピアノコンペティションにおいて特別賞を受賞。同年6月末に完全帰国し活動を再開。
これまでにピアノを丸田清恵、夏目芳徳、伊藤美江、北住淳、ファルヴァイ・シャーンドル、ファルカシュ・ガーボルの各氏に師事。室内楽をビハリ・ラースロー、チャログ・ガーボル、カーロイ・ボトヴァイの各氏に師事。
長野県長野市出身。短大教員。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



今年いちばん。

こんばんは。

相変わらず朝練と仕事終わりの2時間の練習で弾き繋いでいます。
先日、譜めくりに行きました。
譜めくりは最近はあまり機会がないのですが、自分で懇願して、行ってきました。

縺阪g縺・b繧点convert_20171012001212

三善晃先生の「響紋」を新垣先生と中川先生のピアノで演奏されると聞き、
これはチャーンスと、譜めくりを買って出たわけです。
目の前には、自分がアンテナを張っていればチャンスがこぼれている、
ということに、今一度気づくことが出来ました。今年一番ぐらいに興奮しました。
汗かきました。ピアノってもっといろんな音がでるし、それはしたたかさとか微塵もなくて、
純粋で、栓がないほど湧いて出るものだってこと、再び思い知りました。
北住師匠も新垣先生も中川先生も、尊敬してやみません。

自分なんて何者かわかりませんが、これからも音楽に純粋に生きます。

IMG_4199_convert_20171012001145.jpg

タン塩すだち。

スポンサーサイト

おせがき。

こんにちは。

職場付近の彼岸花は、赤と白が半々ぐらいで咲いています。
白は初めて見ましたが、もともとは日本になかった品種で、花言葉も違うとか。

縺イ縺後s縺ー縺ェ_convert_20170923131938

あまり実家に帰れずな日々を送っていますが、

縺翫○縺後″・胆convert_20170923130550

ソプラノの小原美並さんにお願いして、実家本堂にて奉納演奏をさせていただきました。
皆々様、ありがとうございました。

縺阪e縺・$繧鯉シ胆convert_20170923133737

きゅうちゃんぐれちゃん。

縺繧薙¥繧点convert_20170923130443

おしりを見せている外ねこさんは、

縺繧薙¥繧難シ胆convert_20170923130510

おもしろ顔のダンくん。

束の間の帰省で、母や兄たちとお酒をのんだり、良い時間を過ごせました。
翌日は母と東京へ。

繝溘Φ繧ケ繝医Ξ繝ォ2017_convert_20170923130423

お師匠様のトリオ・ミンストレルのツアー東京公演。
来年で結成25年のピアノトリオ。25年!
見事。あっぱれ。まだ聴いたことのない方々、必見必聴です。
今年も八木節聴けたので、後期授業前に気合いが入りました。

IMG_4162_convert_20170923131123.jpg

おくらとアボカド。好きなものしか食べない。

IMG_4163_convert_20170923131154.jpg

釡玉うどん。胃弱なので最近うどん率が上がっています。

IMG_4179_convert_20170923131221.jpg

浸し枝豆とタコ。あまりもので。

IMG_4183_convert_20170923131248.jpg

乾燥気味の皮で餃子。



全身音楽。ひとりで、すんごいかっこいい。私はふたりで演奏します。


トリオさき2017第1回公演終演

こんばんは。

トリオさき2017第1回公演にご来場くださった皆さまありがとうございました。

縺輔″2017-7_convert_20170913233418

金髪おかっぱスタイルが定番となったトリオさき。

縺輔″2017-4_convert_20170913232440

私たちは金髪をかぶることにあまりこだわりはないのですが、
いつからか脱げなくなりました。

縺輔″2017-5_convert_20170913232502

こんな格好をするからには当然、
演奏がフニャフニャグダグダではならないと意識して活動しています。

縺輔″2017-3_convert_20170913232419

トリオさき2017第2回公演は、この編成オリジナルの作品を集めて演奏します。
12月2日、13時半~ 百花百草にて、お待ちしております。

縺輔″2017-6_convert_20170913232520

アフターさき、金髪を脱いだ解放感。

きょうは母の誕生日でした。週末にお祝い☆します。


最近のこと

こんばんは。

今日の午後はやっと時間ができたので、
少し買い物をして帰ってきたら疲れ果てて寝てしまいました。

先月21日、バレリーナのみきのちゃんと「音゛るnote2017」。

縺翫←繧・017邱エ鄙胆convert_20170806231123

先生方、職員の方々に手伝っていただき、おかげさまで盛況でした。
お子様にも学生さんにも喜んでいただけて嬉しかったです。
時間がない中、今年諦めたら来年もないと思ったので、思い切って企画を出して、
みきのちゃんと3年目の「音゛るnote」を実現できました。
また来年もと言っていただけたので、来年も企画します。

翌週、TRIO OPUS 8 の初合わせ。

縺九★縺ョ繧翫&繧点convert_20170806231204

ヴァイオリンの一紀さんが名古屋にいらっしゃいました。
一紀さんのヴァイオリンを皆さまに是非聴いていただきたいです。
8月24日(木)18時半から、千種のメニコンANNEX HITOMIホールです。

今週はずっと岐阜に通いました。

IMG_4137_convert_20170806231012.jpg

ぎふ・リスト音楽院のマスターコース2017で、ヴァイオリン部門の伴奏者を務めました。
ぎふ清流プラザ、とても素敵なホールでした。

ここに通うのに、鶯谷トンネルと新鶯谷トンネルを利用しました。
初日に通ったときは、ワーワーワーって叫びながら通り、ついググりました。
ググったのち、残りの日もこのトンネルを通りました。
戦中は防空壕としても使われ、戦後に貫通したトンネル。
それほど昔の話ではない、戦争は昔の話じゃないです。

昨日(土曜日)、サラマンカホールへ。

IMG_4142_convert_20170806231035.jpg

マスターコースの閉講式を少し拝見して、コンサートで伴奏しました。
閉講式でファルヴァイ先生の声を久しぶりに聞いたら涙がこぼれました。
久しぶりに泣きました。今思いだしても鼻がツンとします。
いつも励ましてくださった優しい声。このあとのコンサートは感謝の気持ちでした。
弾き終ってから着替えて客席に座ると、先生が手を振ってくださいました。
沢山の教え子をもっていらっしゃるし、私のことなど覚えていらっしゃらないと思っていたので、
また鼻がツン・・・ 休憩の時間に、思い切って話しかけました。
いい演奏だったと言っていただけて、今の仕事のこと、これからのことを心配してくださいました。
そのあと、すぐにホールを出なければならず、また鼻をツンツンさせながら駆け出しました。
書きながら今もツンツンします、本当にありがたい気持ちでいっぱいです。
ハンガリーに行かなかったら、気づけないことがいっぱいありました。

コンサートのあと、同じく岐阜市内のサロン・ドルチェへ。

繧€縺代□縺上s_convert_20170806231144

ハンガリー在住のピアニスト、向田くんです。
昨晩はチェリスト山田真吾くんとのデュオリサイタルで来ていて、私は譜めくりでした。
チョーいかしたデュオでした、プロコフィエフかーっこいい!

夏は帰国組に会えて刺激的です。
私自身いつ練習してるのかと聞かれますが、平日は朝の30分と帰る前の2時間です。
少ないですが、毎日しんどくても、これをやめない。弾かなくなったら終わりだから。


響紋

こんにちは。やっと休みの日です。

先週、響紋。

髻ソ邏祇convert_20170708154331

以前からこの作品は知っていたものの、約2年前の演奏を聴いたとき、
あと10年、15年ぐらいしたら私も一緒に演奏できるように、
とにかくこのまま信じて頑張ろうと心に決めた記憶があります。
早くも演奏する機会をいただくことになり、「え、もう?」という感覚で毎日コツコツ譜読みをして、
一度も合唱団と練習をする日がないまま当日を迎えました。

言葉ではよく書き表せませんが、満席の会場で、
大好きな多治見少年少女合唱団とピアニストの姫野先生との初めての響紋は、
本当にありがたいものでした。

職場が変わり演奏活動を控えていたため、私にとっては少し久しぶりのステージでした。
5ヶ月ほど経つかもしれませんが、だからどうってこともなく、
何もなくても普段の練習に向き合う時間を大切にできましたし、
本番があるから練習するという演奏屋さんではないことを確認できました。

留学から帰ってきて3年経ちました。

さて次は、「音゛るnote2017」です。