saccoのピアノ行進曲
たのしい音楽の時間を!


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

Sakiko Takahashi

Author:Sakiko Takahashi
こんにちは。
いつも応援してくださる皆さまありがとうございます。
ブログは気ままに更新していきます。

髙橋早紀子
愛知県立芸術大学卒業。同大学大学院修了。大学定期・卒業演奏会出演。第15回春日井市ピアノコンクール第1位。
2012年演奏活動を休止し渡洪。2014年までハンガリー国立リスト・フェレンツ音楽大学に留学。2014年3月、ハンガリーのセゲドで行われた第6回べーラ・バルトーク国際ピアノコンペティションにおいて特別賞を受賞。同年6月末に完全帰国し活動を再開。
これまでにピアノを丸田清恵、夏目芳徳、伊藤美江、北住淳、ファルヴァイ・シャーンドル、ファルカシュ・ガーボルの各氏に師事。室内楽をビハリ・ラースロー、チャログ・ガーボル、カーロイ・ボトヴァイの各氏に師事。
長野県長野市出身。短大教員。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のこと

こんばんは。

今日の午後はやっと時間ができたので、
少し買い物をして帰ってきたら疲れ果てて寝てしまいました。

先月21日、バレリーナのみきのちゃんと「音゛るnote2017」。

縺翫←繧・017邱エ鄙胆convert_20170806231123

先生方、職員の方々に手伝っていただき、おかげさまで盛況でした。
お子様にも学生さんにも喜んでいただけて嬉しかったです。
時間がない中、今年諦めたら来年もないと思ったので、思い切って企画を出して、
みきのちゃんと3年目の「音゛るnote」を実現できました。
また来年もと言っていただけたので、来年も企画します。

翌週、TRIO OPUS 8 の初合わせ。

縺九★縺ョ繧翫&繧点convert_20170806231204

ヴァイオリンの一紀さんが名古屋にいらっしゃいました。
一紀さんのヴァイオリンを皆さまに是非聴いていただきたいです。
8月24日(木)18時半から、千種のメニコンANNEX HITOMIホールです。

今週はずっと岐阜に通いました。

IMG_4137_convert_20170806231012.jpg

ぎふ・リスト音楽院のマスターコース2017で、ヴァイオリン部門の伴奏者を務めました。
ぎふ清流プラザ、とても素敵なホールでした。

ここに通うのに、鶯谷トンネルと新鶯谷トンネルを利用しました。
初日に通ったときは、ワーワーワーって叫びながら通り、ついググりました。
ググったのち、残りの日もこのトンネルを通りました。
戦中は防空壕としても使われ、戦後に貫通したトンネル。
それほど昔の話ではない、戦争は昔の話じゃないです。

昨日(土曜日)、サラマンカホールへ。

IMG_4142_convert_20170806231035.jpg

マスターコースの閉講式を少し拝見して、コンサートで伴奏しました。
閉講式でファルヴァイ先生の声を久しぶりに聞いたら涙がこぼれました。
久しぶりに泣きました。今思いだしても鼻がツンとします。
いつも励ましてくださった優しい声。このあとのコンサートは感謝の気持ちでした。
弾き終ってから着替えて客席に座ると、先生が手を振ってくださいました。
沢山の教え子をもっていらっしゃるし、私のことなど覚えていらっしゃらないと思っていたので、
また鼻がツン・・・ 休憩の時間に、思い切って話しかけました。
いい演奏だったと言っていただけて、今の仕事のこと、これからのことを心配してくださいました。
そのあと、すぐにホールを出なければならず、また鼻をツンツンさせながら駆け出しました。
書きながら今もツンツンします、本当にありがたい気持ちでいっぱいです。
ハンガリーに行かなかったら、気づけないことがいっぱいありました。

コンサートのあと、同じく岐阜市内のサロン・ドルチェへ。

繧€縺代□縺上s_convert_20170806231144

ハンガリー在住のピアニスト、向田くんです。
昨晩はチェリスト山田真吾くんとのデュオリサイタルで来ていて、私は譜めくりでした。
チョーいかしたデュオでした、プロコフィエフかーっこいい!

夏は帰国組に会えて刺激的です。
私自身いつ練習してるのかと聞かれますが、平日は朝の30分と帰る前の2時間です。
少ないですが、毎日しんどくても、これをやめない。弾かなくなったら終わりだから。

スポンサーサイト

響紋

こんにちは。やっと休みの日です。

先週、響紋。

髻ソ邏祇convert_20170708154331

以前からこの作品は知っていたものの、約2年前の演奏を聴いたとき、
あと10年、15年ぐらいしたら私も一緒に演奏できるように、
とにかくこのまま信じて頑張ろうと心に決めた記憶があります。
早くも演奏する機会をいただくことになり、「え、もう?」という感覚で毎日コツコツ譜読みをして、
一度も合唱団と練習をする日がないまま当日を迎えました。

言葉ではよく書き表せませんが、満席の会場で、
大好きな多治見少年少女合唱団とピアニストの姫野先生との初めての響紋は、
本当にありがたいものでした。

職場が変わり演奏活動を控えていたため、私にとっては少し久しぶりのステージでした。
5ヶ月ほど経つかもしれませんが、だからどうってこともなく、
何もなくても普段の練習に向き合う時間を大切にできましたし、
本番があるから練習するという演奏屋さんではないことを確認できました。

留学から帰ってきて3年経ちました。

さて次は、「音゛るnote2017」です。


嬉しかった。

こんにちは。

ちょっと前に嬉しいことがありまして。

髙橋ゼミが表彰されました。

本年度は初めてゼミ担任として卒業研究に携わり、わたしのゼミでは、
集まってきてくれたみんなと、一年間かけて音楽劇を創作しました。
台本からみんなで考えてつくりあげた時間は、わたしもこれからずっと忘れません。
最優秀発表賞の発表の時は誰よりも先にガッツポーズをしてしまいました。
みんなよく頑張ったので目頭が熱くなりました。
人と協力して一つのものをつくるということは簡単ではありません。
みんなの力に励まされたり感動したりの一年間でした。ありがとー。



ガッツ、そして、ガッツリ。


ピアノトリオの公演を終えて

こんにちは。

2月10日のシークレットライヴは事情により、公演中止という結果になりました。
いつも公演前には、公演する音楽(曲目)の素晴らしさをシェアしたいということを考えています。
仕方ないことでした。でも、それが出来なかったことは悔しい限りです。
演奏する予定だった楽譜が半開きになったまま、少し切ないです。
予定してくださっていた皆さま、本当にごめんなさい。ありがとうございました。

この日の朝、ショックとともに少し気がゆるんでしまったのか、

縺九●_convert_20170220113035

やってしまいましたが、寝込んでいる場合じゃなかったので、
静かに気持ちを奮い立たせてピアノに向かいました。

trioop83_convert_20170220113012.jpg

このピアノトリオの公演に向けて、倒れている場合じゃなかったのです。

私は人と音楽をすることがとにかく好きです。
で、その中でもしたかったのが、ヴァイオリン・チェロ・ピアノの、ピアノトリオという編成です。
即席で、一曲だけ、一回の公演だけ一緒に組むピアノトリオではなく、
もっと絶対的な、将来へ続いていくピアノトリオのメンバーに出逢いたかった。
これは、心の中でずっとずっと望んでいたことで、なかなか巡り会うことが難しかったのです。
でも今回、チェロのしんごくんの呼びかけで、ヴァイオリンの一紀さんに出逢えました。
私たちはまだこれからですが、やっと、やりたかったことができます。
今回は、ハイドン「ジプシー」、ベートーヴェン「幽霊」、ブラームスの1番でした。

trioop82_convert_20170220112950.jpg

ご来場くださった皆さまありがとうございました。

私事ですが、今回の豊田・岐阜の二公演は、長野に気持ちを寄せながらの公演になりました。
故郷にいる家族のことはいつも想っています。来月少し帰ります。


暴風な日

こんばんは。
立春を過ぎましたが、きょうは暴風で寒い日でした。
暴風が呼んだのか、これを発見しました。(この日は台風でした。)



懐かしいです。かとうせんせー!ゾリステンの皆さま、ありがとうございました。
留学から帰国して間もない頃でしたが、まずこのシュニトケの作品が素晴らしい!
ということを再び感じました、いい曲だー。
今クルトワイルやラヴェルの練習で頭がとけそうになっていますが、
いける気がしてきた。ブラームスが終わったら、響紋、白ミサだ。

日々色々ありますが、環境が変わっても、
音楽の前ではぶれることなく、精進していきます。

縺輔∴_convert_20170207001707

日曜は大学の同級生サエに誘ってもらって、音楽祭でピアソラを連弾しました。
とっても、嬉しい時間でした。サエ、また一緒に連弾しよう。ありがとう。

さて、早く寝ないと。おやすみなさい。